初期症状を見抜けば勝ち|変形性膝関節症を治す驚きの健康食品

錠剤

膝の痛みを改善する

サプリメント

原因は軟骨の摩耗

50歳を過ぎた頃から、膝の痛みを訴える人が増えてくると言われています。こうした中高年の膝の痛みは、ほとんどが変形性膝関節症の症状です。変形性膝関節症は、膝関節の骨をおおいクッションの役目を果たしている軟骨が加齢によってすり減ってしまい、そのことで関節が炎症を起こし痛みが生ずる病気です。この病気は女性に多く、男性の約4倍の患者数にものぼります。また、この病気は進行性で次第に痛みがひどくなり、末期になると骨が完全に変形してしまい歩くことができなくなることもあるのです。ただし、治療をすることによって進行を留めることは可能とされており、膝に違和感があったり軽い痛みを感じるという初期のうちに治療を開始すれば、普段通りの日常生活を送ることは十分可能です。

治療と同時にサプリを

変形性膝関節症の治療は、まずは保存療法を行っていきます。保存療法とは、痛みや炎症を抑える薬物療法、患部を温めたり冷やしたりする温熱・冷却療法、血行を良くし関節の動きを滑らかにする運動療法をいいます。病院はこれらの治療を指導・実施し、膝の機能を高めることを目指します。ただし、これらの保存療法で成果が出ない場合は手術という手段を取ることもあるのです。以上が病院で行う治療ですが、これ同時に変形性膝関節症に効果的とされるサプリメントを摂取すると状態の改善がさらに期待できると言われています。その代表的なものが、グルコサミンです。グルコサミンは軟骨の構成成分であり、これを積極的に取ることで軟骨の再生と炎症を抑える効果が期待できるとされているのです。なお、グルコサミンのサプリメントはカニなどの甲殻類を原料としていることが多いため、これに関するアレルギーのある方は摂取の際に注意が必要です。